ホーム  > いわゆる日記  > Gの始末にはパーツクリーナー

2017年7月23日

Gの始末にはパーツクリーナー

木造住宅だと時々出るんですよね、Gが。テラフォーマーズでやたらごつくなったあいつら。黒いのも茶色いのも大きのも小さいのも絶滅を願ってやまないわけですが、3億年生きながらえてきただけあってしぶとくふいに現れては人々を恐怖と悲鳴のどん底に突き落としてくれます。特にうちのかみさんが。

今の家に住んで2年に1回くらいの頻度で出くわしてますが、かみさんしかいない時でも果敢に立ち向かえる武器を常備しています。涙目は避けられませんが。

ネタを明かすとバイクいじりのためにパーツクリーナーが常備してあって、こいつが効果てきめんなのですよ。強力なスプレー噴射で射程が長いし速乾性なので床も汚れない。速乾性の強力な脱脂効果でGの表面を覆ってる油分を根こそぎ引き剥がしてトドメを刺せます。殺虫剤みたく拭き取るのが面倒でもないし、叩いて潰した日には後始末が大変だし、何よりパーツクリーナーは安いです。

フツーの人にはカー用品店やバイク用品店は縁遠いでしょうけど840mlのロング缶が400円くらいです。通販でも買えるので常備しておいてよいと思います。

と、昨晩のできごとを振り返りつつのエントリーでした。


このページの先頭へ

« カラーリング変更 | ホーム | オイル交換 »


コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

このページの先頭へ

この他のエントリー

アーカイブ


» 以前の日記