ホーム  > バイク  > Z1000Mk.II  > ハンドル変更後の試運転

2019年3月 3日

ハンドル変更後の試運転

昨日はハンドル交換後の試運転でさくっと伊豆あたりまで走ってみました。
(ほぼ高速だけど)

ハンドル変更後の試運転

EUコンチ、ポジション的にすごくマッチしてます。加速時の前傾も巡航で姿勢を起こすのも自由が効いて楽ですね。ハンドルウエイトとか入れてないけど手の痺れもないです。まあエンジン腰下までオーバーホールしたおかげで振動がすごく少ないってのも影響してますね。

ハンドル変更後の試運転

ところがPAで気がついた。またセンスタがチェーンに干渉してる。スタンドの根本にストッパー入れて対策したんですけどね。スタンドの跳ね上げに負けてしまってる・・・

スタンドの干渉部がかなりガッツリ削れてるので、他の対策考えるかセンスタ外さないとマズいなぁ。センスタ、チェーンをメンテするのとかにあると便利なんですよねぇ。なるべく外したくないなあ。

あとスターターモーター(セルモーター)からウイーンと空転してガキっと引っかかるようなイヤな音がするようになってきた。今のところモーターは回るし点火もするけど、なる早で交換した方がいいですな・・・

今回の走行距離:245Km
総走行距離:79,082Km

このページの先頭へ

« 継続車検と構造変更 | ホーム


コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

このページの先頭へ

アーカイブ


» 以前の日記

このブログを購読