ホーム  > いわゆる日記  > 愛はタダじゃない

2008年11月30日

愛はタダじゃない

もちろん値段を付けられるものでもないんだけど。

気遣いや思いやりといった気持ちの隆起を愛情だとすれば、気持ちが湧き上がるキッカケがあるはず。

若いときだと、そのキッカケは単に「カワイイ」だけだったりするけど、年齢を重ねてくると有形無形、いろいろなファクターが絡み合ってけっこう複雑になってくる。

気持ちが湧き上がるキッカケが、相手の、あるいはお互いにとっての価値(VALUE)なわけなので「愛はタダじゃない」と思うのね。

どうだろ?

このページの先頭へ

« 片栗粉はむずかしい | ホーム | 「現在」は常に「過去」の最新形 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

このページの先頭へ

アーカイブ


» 以前の日記

このブログを購読