ホーム  > バイク  > Z1000Mk.II  > 250×4

2010年1月30日

250×4

エンジン始動時にやたら煙を吐くので腰上OHとなっているMkII。
開けてみたらピストンが純正じゃなかったとのこと。

KL250ピストン

ピストンにはKL250との打刻。

KL250て知らんかったので調べたら、1977年に登場したカワサキ初の4スト単気筒トレールモデルとのこと。MkIIと同年代のバイクなんですな。

純正ピストン流用なんてマニアックな補修してるなあヨーロッパのおっさん(前オーナーの勝手なイメージ)。方向性は好みだけどw

煙吐きの原因はバルブシールゴム周りくらいでバルブ、ピストン、シリンダーとか意外ほど良好な模様。走行距離は75,000Kmってことなのに。大事にされてたんだろうなぁ。あまりヘンな事しないで素を楽しんでみよう。

早ければ来週末にも引き取れる感じみたい。ドキドキ。

このページの先頭へ

« PMC復刻版サイドスタンド | ホーム | 自家製ピザを作ってみたよ »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

このページの先頭へ

アーカイブ


» 以前の日記