ホーム  > バイク  > KZ1000  > 腰上OH完了

2018年4月 1日

腰上OH完了

昨日はPAMSに伺ってZ1000を引き取ってきました。

腰上OH完了

エンジンは全体的に消耗を越えた問題はなかったものの、消耗や劣化のレベルがオーバーホールの頃合いとしてギリギリのタイミングだったとのこと。

ちょくちょDIARYにも上げていただいてたので進捗は見えていましたが、ホントに静かなエンジンに仕立てていただきました。もちろん白煙は完全に解消です。

腰上OH完了

パッと見で大きな変化はないのですが、実はタンクがA2に変わってます。


腰上OH完了

純正キャブからCVK34に変更するに当たり、自然落下式のネジ込みコック(KZ1000A1)からMK.IIで使っていたGPZ900Rの負圧コックを付けられるように、A2のタンクを入手してたのです。キャブとコックのクリアランスも充分。


腰上OH完了

MOSFET型レギュレーターは当初のメニューでしたが、納車時に積まれていたバッテリーがダメになっていたそうで、思いがけずリチウムフェライト・バッテリーも導入となりました。インナーフェンダーに付いてるのはSP-IIです。


今回の主だったメニューと導入アイテムは以下。

  • 腰上OH(ピストンは純正0.5mmオーバーサイズ)
  • PAMSオートカムチェーンテンショナー
  • CVK34(TPSとウオタニSP2を連動)
  • MOSFET型レギュレーター
  • ASウオタニSP2フルパワーキットVer.PAMS
  • ステムベアリング
  • スイングアームピボットベアリング
  • 右ハンドルスイッチ

しっかりと仕上げていただいて、ありがとうございました。


しかし久しぶりに乗ってみるとやっぱりブレーキ効かないですねぇ。
あとこれは既知のことではあるけど、フロントフォークに薄っすらサビがあってオイルが漏れてるんですよね。慣らしに出る前に足廻りは何とかしたいなぁ。

総走行距離:114Km

このページの先頭へ

« オイル交換 | ホーム | Z1-R キックシャフトキャップ »


コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

このページの先頭へ

アーカイブ


» 以前の日記