ホーム  > バイク  > KZ1000  > Z1-R キックシャフトキャップ

2018年4月 7日

Z1-R キックシャフトキャップ

Z1000MK.IIだと気にならなかったのに、Z1000だとキックペダルがヒザにあたってどうにも邪魔。どちらもステップは純正のままだけど、ハンドルの高さやタンク、シートの形状は違うので微妙にポジションが違うのでしょうね。Z1000の方が前よりに座っている感じ。たぶん純正ハンドルだと幅広なので遠いのかと。

Z1-R キックシャフトキャップ

というわけでキックペダルを外しました。

キックシャフトはクランクケースを割らないと取れないのでペダルを外しただけ。で、シャフトがむき身だと錆びちゃうのでゴム製のキャップを付けました。

Z1-R キックシャフトキャップ


アルミのキャップはよく見かけるけど経年で固着するので、ゴム製のがよかったのです。ZXレーシングさんから購入しました。シンプルながら良いパーツです。

» オリジナル商品

キックペダルがなくなり、くるぶしのホールド感が良くなり、干渉なくニーグリップできるようになりました。

このページの先頭へ

« 腰上OH完了 | ホーム | 3回目の車検 »


コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

このページの先頭へ

この他のエントリー

アーカイブ


» 以前の日記