ホーム  > バイク  > Z1000Mk.II  > TMR、再び

2017年12月10日

TMR、再び

先日のエントリーで触れた「ロールバックが1ヶ所」はTMRへの換装でした。

TMR、再び

ブログを見返してみれば、前にTMRを取り付けたのは2001年5月のことでした。

» レーシングキャブと純正は別モノ

加速ポンプのフィーリングに浮かれてるけど、換装から程なくして白煙吐きが再発し、4発揃わずにグズグズになり、スムーズな加減速ができないのにTMRのクイックなレスポンスでは危ないと思ってCVKに換装したのが2013年8月のこと。

» Z1000mk.IIにCVKキャブを取り付け

CVK換装後も白煙吐きは治まらず、これはもうエンジンやるしかないと腹を括って腰上オーバーホールを終えたのが2015年11月のこと。

» 腰上OH、完了

まともに走れるようになるまで手を入れなきゃいけない箇所がたくさんあって、走ってる時間よりもメンテに入っている時間の方が長いくらいなんですが、CVKはとにかく始動性がよくてOH後はエンジンスタートで躓くことが皆無でした。フィーリングもまったりと素直でエンブレも良く効くし不満はまったくなかったと言ってもいい。

でもまあエンジンその他の調子が良くなってくると沸々と思い出すわけですよ。
TMRのグワッとした加速を。街乗りじゃほとんど開けられないんですけどね。

TMR、再び

んで仕舞ってたパーツを引っ張り出して換装となったわけです。

仕様は以前と同じで、コックも今や廃盤となった750ターボのものを再利用。

CVKより軽いスロットルにまだ慣れなくてラフなアクセルワークでギクシャクしたり腰が置いてかれそうになりつつ、ニヤニヤしながらリハビリしております。

総走行距離:78,322Km

このページの先頭へ

« リアタイヤ交換 | ホーム | リア250mm×CP2696 »


コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

このページの先頭へ

この他のエントリー

アーカイブ


» 以前の日記